2013年01月11日

東京バレエ団 眠れる森の美女

IMG_7889.jpg
6日はカホちゃんと二人で五反田ゆうぽうとホールへバレエを見に行ってきました。
4歳以上から見ることができ、子供のためのバレエという企画です。
公演時間も1時間40分でそのうち休憩15分で、初めてでもわかりやすいように簡単な解説を劇中の登場人物「カタラビュット」がしてくれます。
眠れる森の美女のお話はカホちゃんもよく知っているので安心です。
ちなみに席は右端っこでしたが前から4列目で右端の以外はバッチリ見えました。

バレエを始めたものの、ベビークラスはバレエの基礎の基礎なのでポワントというトウシューズも小学校4年からだし、いまいちバレエってどんなものか知らないだろうなぁと思い見に行きました。
私もバレエを生で見るのは初めてなので楽しみでした。

背景はイラストをプリントした布でしたがとても綺麗で良かったです。
音楽はテープ使用ということで、それはちょっと残念でした。まあ、チケットも普通のバレエの半額くらいと安いので・・・。
まずカタラビュットが登場し簡単な説明をしてくれました。

そのあとは本当に夢みたいに綺麗なバレエでした。
衣装も豪華で、バレリーナたちは本当にきれいなチュチュを着てくるくる踊ります。
あの足は本当にすごい。
王様、お妃様、貴族たちは美しいドレスにカツラで優雅な感じ。手振りが美しかった。
前半はリラの精という妖精とカラボスという悪い女魔法使いがメイン。
素晴らしい踊りで圧倒されました。
前半の中盤オーロラが登場。
とても可憐でした。踊りも見事。
途中ミスもありましたが、すぐ挽回してました。
後半は王子も出てきて二人の踊り。
軽々と担いで踊って凄かった。
本当にバレエは肉体の芸術だなぁ。

あんまり素晴らしく綺麗でずっとずっと見ていたかった。
あっという間でした。カホちゃんは落ち着きがないので限界でしたが・・・。
最後は観客席でお別れをしてくれて嬉しかったです。
またバレエ見に行こう!白鳥の湖とくるみ割り人形が見たいな。
すっかりバレエの虜になったのでした。
posted by hd1214 at 11:19| 神奈川 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、初めまして。
お雛様、田村芙紗彦さんで検索していましたら、こちらのブログを見つけました。私の購入したお雛様と同じ職人さんのお雛様が飾られていましたので、思わず嬉しくてメールさせていただきました☆彡

お二人のお雛様素敵ですね。立体はまた迫力ありますね!

私は静岡ではないので近くのお人形屋でたまたま田村さんのお雛様に出会いました。なので直接職人さんからお話とかは聞いていなく、ブログを読み本着せという言葉を知りました。

お二人のお雛様の襟の所を見ると、着物の重なり方が違いますが、ニナちゃんのお雛様も本着せになるのでしょうか?私のお雛様はニナちゃんの襟の重ね方の座っているタイプになります(^-^)

左京さんで直接購入されたemiさんにお話聞けたら嬉しいです。

まったく違う内容の所にコメントしてしまいました(>_<)
Posted by まめ at 2013年01月14日 14:46
まめさんコメントありがとうございます!

左京の田村芙紗彦さんのお人形素晴らしいですよね。あの素晴らしさをもっとみんなに知ってほしいと思っていたので、まめさんも購入されてとても嬉しく思います。

私もカホニナの人形の襟の合わせが違うなぁと思っていたけど立雛だからかなと思ってました・・・すみません。

調べてわからなかったので、思い切って左京さんに聞いてみました!
カホのは一枚の着物を分割せず着せてるので本着せ風らしいです。
ニナのは今の主流で、一枚の着物を上下に分割して着せているそうです。それによりちゃんと着物を着た感じの合わせになるそうです。

本着せは昔からのスタイルらしいですが今はあまりやらないそうです。カホのは本着せの紙が袖についていて説明書も入っていました。

着物の柄を生かして決めるそうです。

今は本着せの定義が揺らいでて人形協会でも定まっていないとか・・。
いろいろ詳しく説明してもらいました。

田村さんは着物の重ねをかなり研究されてるので、どのお人形の重ねもすごく好きです。お店を見ていて帰るのが名残惜しかったです。

まめさんは初節句でしょうか?
素敵なお雛祭りを過ごしてくださいね。
Posted by hd1214 at 2013年01月15日 17:37
お返事ありがとうございます(^-^)
直接聞いて下さったみたいですみません(;゚ロ゚)

でも違いがわかって嬉しいです☆

私が購入した人形屋では、「一枚一枚着物の形をして着せつけてるんですよ。」と言ってみえたので、emiさんのブログに載っていた本着せの説明書を見て、私のお雛様も本着せというんだ〜と思ってたんですが、違ってたんですね(>_<)地元の人形屋さん、ちゃんと勉強して下さい(*´Д`*)

私の購入した人形屋では、田村さんのお雛様は3体位しかなかったので、左京さんで沢山見られたらそれは帰りたくなくなっちゃいますね☆

見学も出来るということなので、いつか見に行きたいな〜と思ってます。
お雛様の作成風景を見ることなんてなかなかできないですもんね(^-^)

今年初節句になります。まだ届いていませんが楽しみです。

お二人のお雛様が一緒に並んでいるところ、ブログにぜひアップして下さい。見るの楽しみにしてます!!

丁寧なお返事ありがとうございました。

(アドレス入力するところがありますが、入れるとemiさんだけわかるようになってるのでしょうか?それとも皆さんにわかってしまいますか??)
Posted by まめ at 2013年01月15日 21:43
あああ
Posted by hd1214 at 2013年01月17日 10:09
まめさんお返事ありがとうございます。

試しに自分のメアドを↑いれてコメントしたら外には見えないようです。
管理人ページのコメント欄に見えていました。

私もまめさんのは座っているお雛様なのに襟の合わせが立雛と一緒なのはなぜなのか知りたかったので聞いてみてスッキリしました。

分割せずに一枚の着物を着せつけるお雛様を本着せというという事らしいですが、襟の合わせは本着せのものより、まめさんのお雛様の方が美しいですよ。
柄もいっぱい入ってて綺麗だなと思ってます(笑)
うちは娘が二人なので仕様の違う人形を偶然にも入手できてラッキーでした。
まめさんも、もしも次女さんが出来たら本着せを探すのもありかもですね。
左京さん静岡駅からちょっとのところなので、本当に機会があったら行ってみてください。三人官女や五人囃子つきの(もちろん田村さん作)の5段飾りなどきらびやかです。

左京さんの人形は本当に着物の形に布地を切ってから人形に着せて糊付けしてから人形の形に田村さんがへらで腕を曲げるんだそうです。
だから人形屋さんの言った「一枚一枚着物の形をして着せつけてるんですよ」は間違ってはないですが・・・本着せではなく本仕立てという事ですかね?!
本仕立てという言葉もあるそうなので。
安いお人形は着物着た風に糊で止めてるだけらしいです。下から見たり袖を見たらわかっちゃうらしいです。
卸に出してるものとお店に並べてるものと量が違うと思うので卸しているもので本着せはかなり少ないんじゃないでしょうか。
左京さん製作の雛人形は全てものが田村さんがやってると思うので全体数も少ないんですよね。(少し京都の雛人形なんかも置いてありますが)

なので田村さんのお人形に出会えて選んだまめさんはすごいですよ!
運命ですね。
他のお人形も見たと思いますが、作りや雰囲気が全然違いますし、うちの親もかなり違いに驚いてて一気にファンになってました。

あ、お雛様についてる(袴とか)ビニール類は無理に取らず年月に任せてくださいとの事です。
その方が綺麗に長持ちしますと言ってました。
あと飾ってみての感想ですが、意外にほこりがつくのと手の脂で白い布がだんだん黄ばんでくる感じがします。
手袋して飾ったりしまったりすると良いのかもしれません。

カホニナのお雛様の並んだ写真無かったですね・・・何やってたんだろ(笑)
2月の最初の土曜に出しますので、並んだ写真出しますね。

まめさんが近所なら見に来てもらっても構わないんですが(笑)
長々とすみません。




Posted by hd1214 at 2013年01月17日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック