2010年11月30日

赤ちゃんの性別は

101130_110940.jpg
どうやら、女の子らしいです。

ちょっと男の子を希望していたから残念な気持ちもあるけど、姉妹って良いよなと今は思ってます。
悩み事や結婚や出産で協力出来るしね。

私も妹と弟がいますが、連絡とるのは妹ばっかりですねー。
仲の良い姉弟も知ってるけど少数派な気がする…。

姉妹なら結婚して家出ても妊娠したらたぶん帰ってくるだろうし孫連れて泊まりに来るだろうし、息子のお嫁さんに気を遣う事もないかーと今から考えてみたり(笑)

次女ちゃんはどんなタイプの女の子なのか今から楽しみです。
次女でもひな人形は用意するつもりです。
さすがに今回は自分たちで買うかな。

4Dエコーで先生が赤ちゃんの横顔写真を撮ってくれました。すっかり人間らしくなって。
posted by hd1214 at 11:19| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

幼稚園決まりました。 検査編

頼みの綱のH幼稚園から入園保留と告げられた我が家。
近隣の幼稚園は全て11/1が願書受付の為、定員割れでもしてない限り受けることはもう出来ません。
幼稚園激戦区なので定員割れのところがあるかどうか。

ママ友からは「第一希望に決まったよ。そちらはどう?」などとメールが来ます。
親しいママ友に事態をメールで説明したら「幼稚園協会に空きのある園がないか聞いてみたら?」とアドバイスされました。
問い合わせたところ、2つの園を教えてくれましたが、園バスがうちの方まで来ない園と父兄が送迎する園でした。
来年赤ちゃんを連れて園まで毎日送迎するのはかなり厳しいです・・・。
翌日、希望していたK幼稚園とI幼稚園に空きがないか問い合わせましたがありませんでした。
ここは来年は諦めて二年保育にするべきか・・・二年保育の園はほとんどありません。

親の私から見てもカホちゃんは言葉が遅い以外は普通で、今までの健診でも発達について何か言われる事はありませんでした。H幼稚園は面接が厳しいねとママ友も言いますし、他の園ならもっと舌足らずな子でも合格していたらしいです。
療育について調べたり幼稚園以外の幼児教室なんかを調べたり11/2はずーっと焦りでいっぱいでした。
11/3は祝日だったので、神頼みで川崎大師に合格祈願に行きました(笑)
ご利益ありましたねるんるん
カホちゃんの意思を確認したところ、「幼稚園いきたい」と言うので、このままH幼稚園の入園許可を待つ方向に迷いつつも決めました。母からも心配して連絡がありました。
香川の義両親にはなかなか話すのも辛いし、電話だとうまく言えないので心配させるだけだろうと入園が決まってから「幼稚園が決まった」ことのみ伝えています。

11/8に療育センターに相談に行くことになり園に伝え、ソワソワと不安に過ごしていましたが、H幼稚園の園長から「もし遅れがあっても今から療育すれば入園までに他の子に追いつけるだろうし、あくまでも入園の方向なので」と電話がありました。
少し気持ちが落ち着きましたが・・・実際このゴタゴタでストレスからかお腹が張るし、さときともちょっと揉めたり我が家はガタガタでした・・・。
11/8にさときも半休して三人で療育センターに行きました。療育という言葉を知ったのも今夏のことで今まではまったく知らない場所でした。
ケースワーカーさん?に相談をし、今までのカホちゃんの発育の様子を細かく聞かれました。
カホちゃんに質問もされましたが、名前や年齢は何とか言えるものの他の質問は答えられません。(朝は何食べてきたの?でした)
人見知りをするねというのと、質問の受け答えがちょっと弱いように思うと言われました。
実際のところは相談では分からないので、発達の検査をしてみないと何とも言えないとのことでした。
そしてH幼稚園は療育センターと今までに関わりのある園で、今回の面接で他にも相談に来た子がいるようでした。

検査の予約を頼み、園にも検査をするから待ってもらう様に伝えました。
その検査が11/19でした。ここに至るまでもかなり心配で、街で幼稚園児を見かけると辛かったです。ママ友のお子さんたちは、だいたいどこかの園に合格していてバッタリ会うと「どこに決まったの?」って声をかけられるし。
ネットで発達の検査について調べたり、もっと早く検査できる機関はないか調べてみたりもしました。じっと待つのって苦しいですねー。

11/19は朝9時から療育センターに私とカホちゃんで行きました。
女性の臨床心理士の先生と私とカホちゃんで部屋に入り、私は検査をする二人を隣で見ていました。
新版K式発達検査という検査でした。
検査の内容については、細かく書いてはいけないと思うので何となく説明すると・・・。
図形の理解力?・記憶力・指の動き・模倣出来るか、運動能力をみたりするものでした。
大人の私でもちょっと考え込むようなのもあったので驚きました。
道具を使いましたが、0歳から成人向けらしいです。
40分程の検査の後、性格や普段の行動、今までの様子を細かく聞かれました。
その結果、「カホちゃんの知能・行動は年相応で遅れはない。だから療育の必要もない。言葉はちょっと遅いけど二歳なら許容範囲。あえて言うならちょっと落ち着きがないし気分にムラがあるけど個性ですね」ということでしたー。
これでやっと安心というか、ホッと出来ました。そしてなかなか難しい検査をやり遂げたカホちゃんはえらいなあと感動しました。

その結果をH幼稚園の園長に報告して入園の許可を無事にもらいました。手続きももう済ませました。
まあ、本当に長かったですね。園に対しても、何か遅れのある子を拒否する園なのかと悩みましたが・・・園長としては遅れなどあっても療育して入園までに伸ばしたり園でも出来る限り対応していくというスタンスみたいでした。
療育というのは早く始めたら始めただけ伸びるそうです。幼稚園時代に遅れに気付いても療育しないと小学校でとても大変になるし、そこから始めても他の子についていくのは難しいようです。

何もなく無事に終わったので今は普通にしていられますが、我が家にとっては家族の絆を試されたというか・・・親になるって本当に大変なんだなと深く考えさせられました。
少し私も成長できたように思います。
posted by hd1214 at 12:29| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼稚園決まりました。 面接編

今、思い出しても我が家をさらなるどん底に突き落とした11/1だった。あせあせ(飛び散る汗)

H幼稚園の面接時間に30分も早く到着してしまった私たち。しばらく待ってから、本整理券と願書を提出し選考料5千円を払い控え室に入りました。
説明会であらかじめ説明されましたが、まず子供だけ数人のグループで遊んでる様子を観察(父兄は別室でアンケート記入)、その後に父兄と子供での親子面接という二段階の面接でした。
面接で落とされるのは・・・先生がかかりきりになるようなタイプの子だと・・・聞いていたのでカホちゃんはまあ大丈夫だろうと思っていました。

早く着いてしまったので控え室でも長く待ち、やっと受験番号を呼ばれグループ面接へ。
カホちゃんの他に二人の男の子が一緒でした。
私と離れても泣かずにちゃんと先生に付いていったカホちゃん。別室でアンケートを書きながら、気を揉みましたが、泣き声は聞こえなかったし「カホ、うまくやるのよ」と心の中で応援していました(笑)

先生が子供たちを連れてきて移動し、親子面接が三組同時に(一組ずつ別の机で)行われました。
机には真新しい絵本がたくさん置いてあり、先生からカホちゃんに「ママにお話があるから好きなのを見て良いよ」と言われました。
カホちゃんは4月では満三歳児となるので、生活習慣についてかなり詳しく先生から私に質問がありました。
*着替えは一人で出来るのか?
*フォークやスプーンを使って一人で食事が出来るのか?
*オムツははずれているのか?トイレトレーニングは?
*大人の言っている事を理解できているのか?
など聞かれたと思います。他の二組よりかなりじっくり質問されたように思います・・・。

そして先生はカホちゃんに質問をしました・・・。
先生「お名前は?」
カホ「カホでしゅ」小さい声でうつむいてゴニョゴニョと。
先生「何歳ですか?」
カホ「にさい・・・でしゅ」さらに小さい声で。
先生「今日は何で来ましたか?車?自転車?」
カホ「・・・」答えられませんでした・・・もうやだ〜(悲しい顔)

私に対する質問が長かったのと、今までの待ち時間から相当不機嫌になっていてカホちゃん向けの質問もハキハキ言えず、椅子に座ってられずに立ち上がってしまうし。
椅子をひいて倒したり絵本を落としたり机にもぐってしまったり。
なんていうか、親子面接は全然ダメダメでした。私たちが面接をしている間に他の二組は終わって出て行きました。
先生は(若い女の先生)かなり困った表情で「三歳児健診はまだなんですよね?それが終わったら連絡を下さい」と言って、なにかを他の先生に聞きに行き「園長より面接があるので控え室でまた待っていて下さい」と言いました。好きなものを一冊どうぞと言って絵本をくれました。

控え室に向かいながら、背筋が冷たく体中が冷えていく気分でした・・・。
やはり一緒に面接を受けた二組は笑顔で帰って行きます。
私は控え室で待っていた母に「親子面接、全然ダメだったよ。どうしよう?なんか園長からも面接があるから待っていてと言われちゃった」と伝えました。
母は「そうなの?でも大丈夫よー」と言ってくれました。
だけど、もう私の頭の中はパニックでカホちゃんに「なんでちゃんと座ってられなかったのよー。ハキハキ答えなきゃダメでしょ」などと強く言ってしまいました・・・。
カホちゃんも相当頑張っていたはずなのに、優しい言葉をかけれず黙って他の親子を見ていました。控え室にはおもちゃが置いてあり遊んで待つことが出来ますが、園長面接までだいぶ待たされました・・・。

園長面接に呼ばれ、さっきとは別のおもちゃが置いてある部屋に通されました。
カホちゃんはおもちゃで遊びその様子を園長は見ていました。
園長先生は私にカホちゃんの生活習慣を改めて尋ね、またカホちゃんに質問をしました。
園長「お名前は?」
カホ「カホでしゅ」小さい声でうつむいて。
園長「何歳ですか?」
カホ「にさいにさいにさい・・・でしゅ」私も聞き取れないようなくらいゴニョゴニョと。
園長「これは何ですか?」絵本のアリや蝶を指して。
カホ「・・・」普段なら言えるのに答えなかった・・・。
しかも、間の悪いことにウンチをしてしまったらしく「うんうん。ママ、うんうん」と言って帰りたがります。
園長はカホちゃんに「長い時間ずっとごめんね」「トイレ行ってもいいですよ」と声をかけてくれました。
とりあえず面接が終わってからと園長に言い、お話を聞きました。
そこからは記憶があまり定かではありません・・・

園長が渋い困った顔で言うには「今の状態だと担任が言葉を聞き取れない。3月生まれと言ってもちょっと言葉が遅いように思う。一応、入園の方向だけど合否は保留。三歳児健診も先なので、区役所に相談に行ってもらえないか?その結果を聞いて入園としたい」という事でした。
要するに、言葉が遅いので集団保育が出来るか心配だから専門機関に相談してみて欲しいと。
思ってもいない事態に、ただもう呆然としてしまいました。
相談して報告すると伝え、・・・たぶん真っ青になって控え室に戻りました。
母にはありのまま伝えました。母もかなり面食らっていました。
泣きたい気持ちで園を後にし、またしてもはっきり答えなかったカホちゃんにダメ出しをしてしまったように思います・・・記憶がぼんやり。
園に到着してから二時間以上が経過していました・・・そりゃカホちゃんもウンチしちゃうよね・・・。
他にも何組か園長面接を受けてる子がいました。あの子達はどうなっただろう・・・。

家に帰ってから、話すのも辛かったですが、さときに面接の様子と結果を伝えました。
当然ですが、かなりビックリしていました。
区役所にすぐ電話してみたら、「幼児相談はかなり混んでいて来年の二月になってしまう。もし早くしたいなら療育センターがそういう専門なのでそちらが早い」と言われました。
そして療育センターに相談の予約を入れました。
療育センターとは、障害や発達の遅れを持った子供の為の施設です。
療育とは・・・このページを参考にしてみてください。
幼稚園に入れるのか?という問題が解決しないまま、さらにカホちゃんには発達の遅れがあるのかも?という問題が突きつけられました。
そうして、この日は夫婦二人で先の見えない辛く悲しい気持ちになりました(涙)
母には手伝ってもらったのに、入園の報告も出来ずに帰宅してもらいました。

結果として、カホちゃんには発達の遅れというものはありませんでした。まあこの月齢にしては落ち着きがないのと気分にムラがあるとは言われましたが、それは個性だそうです。

長くなってしまったので検査編に続く(たいした内容は書けないけど振り返ってみます)
posted by hd1214 at 01:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

幼稚園決まりました。 面接までの道のり編

先週金曜にやっとこさ、幼稚園が決まりました黒ハート

本来なら11/1には決まってるはずなんですが・・・。
うちは随分かかったよー。ママは疲れたようバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)身重なのにさぁ。

まず我が家の住んでる地域は大型マンションがどんどん建って人口急増している地域です。
認可保育園はフルタイムの共働きの人優先で、でも足りなくって待機児童がいっぱい。
未認可の保育園は園庭もないし、雑居ビルの一室で子供にはあまり良い環境ではありません。料金も高いし。

幼稚園は私立幼稚園しかなく、人口増加により圧倒的に園の数が足りない→幼稚園激戦区な訳です。はぁ。
その為、大多数の園は抽選方式で僅かに先着順方式の園があります。
願書は貰えても(園によって100円〜1000円で買う)抽選に漏れたり、先着順に入れなかったら願書は受付してもらえません→幼稚園浪人というか二年保育にするか未認可保育園にするか自主保育か。
だからみんな単願ではなく、併願でいくつかの園を受けに行くのが主流。
全国的にあるのかわかりませんが、兄弟枠、卒業生枠といって、その園に上の子が通っていたり卒園生だったり(親が卒園生でも可の園もある)すると優先的に入れるシステムがあり一般枠はどの園も募集定員の半分以下になってます。だからこそ、毎年一般枠で受ける子は激戦です。

我が家はバザーやら未就園児向けイベントを見て周り園の方針やカリキュラムを調べて3つの園に狙いを定めました(笑)

第一希望→K幼稚園 施設が綺麗。運動重視の園。人気のある園。
第二希望→H幼稚園 施設はちょっと古いが評判の良い園。外遊び重視の園。
第三希望→I幼稚園 施設はまあまあ園庭が広い。が、先生の評判がイマイチな園。でも入りやすい。

来年、赤ちゃんが生まれるので新生活が始まるし、毎日お弁当の園は考えませんでした。カホちゃんは活発なタイプなので教室で作業をするというより体を動かす方針の園にしようと思いました。
3つの園で願書を買い、説明会に参加し、ネットでも情報を調べて10月はドキドキして過ごしましたね。いつも落ち着いてるママ友もソワソワしていたり。

3つとも先着順の園だったので(第二希望の園は前年までは抽選だった)香川の実家には遠いから頼まずに、うちの実家に応援を頼み母には願書受付前日から来てもらいました。妹には有給とってもらい当日に来てもらうよう頼みました。実家が遠方でなくて良かったexclamation

関東は台風の接近・通過の中10/30(土)暴風の中、K幼稚園に並んでる人がいるか、さときに偵察に5回ほどいってもらう。台風のためか、並んでる人は見当たらず。
いつ並び始めるか毎年分からないし、年々並ぶ時間が早まってるから土曜から偵察に行くことにしました。
10/31(日)朝6時過ぎに偵察に行ったところ、「5人ほど集まってきているから、もう並ぶよ」とさときよりメール。
携帯椅子(コールマン)を買っておいたのでカホちゃん連れて防寒具と一緒に8時ごろ持っていくと、すでに60人ほど並んでいましたexclamation願書提出の23時間前なのに。
幸い、偵察に頻繁に行っていたから9番目に並ぶことが出来ました。

ところが、10時過ぎ大事件がどんっ(衝撃)園が突然、先着順から抽選に方式を変更するというのですダッシュ(走り出すさま)
毎年、K幼稚園は先着順でしたが、何日も前から並ぶと近隣に迷惑がかかるから並ばないよう指導していたそうですが、土曜に並び職員に注意され暴言を吐いた人がいるとか。
日曜も朝には並び始めてしまったので近隣から苦情が入り(といっても近所の公園内に並んでるのだけど)抽選に変えるとのこと。
私とさときは「9番目に並べたからK幼稚園は確実だろうし、他の園は行かなくてもいいかもね」なんて思って安心していたので晴天の霹靂でした。
もう、びっくりパニックになって暫く動向を見守ってもらったけど埒が明かないので、私かさときがH幼稚園に移動して並ばなくちゃということに。何十人も抗議したけど、K幼稚園は強固な姿勢でした。突然の変更に謝罪もなし。
中にはK幼稚園単願で他の園の願書をもってない方や四国・山陰から出てきて並んでると言う祖父母やまだ首の据わってない赤ちゃん連れのママも。

H幼稚園を併願するママ友より「もうH幼稚園も並び始めてるから早く来た方が良いよ」とのメールがあせあせ(飛び散る汗)
これはもうカホちゃん連れでH幼稚園に並ぶしかないかと覚悟したところ、母が来てくれました。さときもH幼稚園に移動でき先着順に入ることが出来ました。母ありがとうキスマーク
H幼稚園は前評判どおり、とても父兄に優しい園で、近隣の迷惑を考え教室に募集人数の椅子を置いて教室内で待たせてくれました。K幼稚園は公園で寒そうにしている父兄を見ても知らん顔(苦笑)小雨も降ってましたが、椅子や傘を持ってない人は濡れながら立ちっぱなしでした。
さらにH幼稚園では「秘密で」と言うことでペットボトルやお茶菓子も配られたそうです。
定員に達し、仮整理券が配られ夜11時半に本整理券を配るから集合と言われ解散したのが午後3時過ぎ。園長先生が来て直々に判断してくれて父兄に負担のかからない先着順でした。
11/1にならないと整理券を配ったりなどはいけないと幼稚園教会?から指導があったようです。

夜11時半に本整理券が配られその時に翌日の面接時間も告げられました。
大事件があったものの家族会議でK幼稚園の抽選を受けようということになりました。
妹にはH幼稚園に並んでもらう予定でしたが、時間も前倒しになりさときが並んで整理券をゲットしたので妹には手伝ってもらう件が解決したと告げて謝りました。
I幼稚園はK幼稚園が抽選になったのもあり、H幼稚園の整理券が取れたため受けるのは止めました。

運命なのか(笑)さときにK幼稚園の抽選にいってもらいましたが、外れてしまいました。倍率は大事件のせいか随分低くなっていたけど。
余談ですが、K幼稚園はHPに謝罪の言葉一切無しの抽選に変更するに至った話を載せて11/1には消していました。うーん、K幼稚園の対応はあまりにも父兄に対して攻撃的?冷たすぎるように思えてしまいます。
何か釈然としない気持ちでしたが、H幼稚園の面接に私とカホちゃん、母が付き添いで出かけました。
面接にとブラックフォーマルの用意をして私とカホは完全よそ行きの服装。
さらにここ何年も面接を経験してなかった私は極度に緊張していました。
面接の集合時間の30分も前に園に着いてしまいました・・・。

面接と検査編へ続く
posted by hd1214 at 16:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

ホットケーキはステキ

101120_103443.jpg
土曜、蒲田の東急の屋上遊園地に行きました。ミニ観覧車のあるとこ。

ついでにちょっと調べたら四階にホットケーキの有名なお店があるとのことで行ってみる事に。
カホちゃんもホットケーキ大好きなのよねー。

お店はシビタス。デパートの中の喫茶店です。めちゃくちゃホットケーキメインな店。神田にある万惣の枝分かれした店らしい。

まずセットで頼んだアイスティーがかなり美味しい。フルーティな味。さときのアイスコーヒーも美味しかった。
お待ちかねのホットケーキ。
表面は少しサクっと焼けてて中はフンワリ。バターと自家製のシロップがステキ過ぎる味。
真っ黒なとろーりシロップ、かなり美味しい。
たっぷりかけると甘々、でも美味しい。

ウインナーやハムのスナックホットケーキやフルーツとアイスのついたセットなど色々ありました。
近くに来て小腹が空いていたらぜひ★
posted by hd1214 at 15:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする